今日から11月です。

ここ最近天気も良く、朝晩は冷え込みますが、日中は暑くもなく寒くも無く、現場仕事には最高の天気が続いています。

ありがたい事に年内の現場仕事、沢山いただいておりますのでご依頼頂いたお施主様に喜んで頂ける様、頑張っていきたいと思います。

先月完成したお墓工事のご紹介をさせていただきます。

場所は京都府舞鶴市西舞鶴の寺院墓地です。

今回はお墓が無いので建てたいという事で(あまり深く理由は聞きませんでした)

ご依頼頂きました。

石については、やはり外国産より日本産が良いという事で、何種類か見本をお持ちしましたが

まず色を気に入って頂き、また硬質であるという事で愛媛県産大島石上級を選んで頂きました。

現場はこちらの墓地です。

 まずはミニユンボで、土を掘り、更地にします。

草、雑木を除去して土出し完了です

ここに砕石を敷き、ランマーで地盤を転圧し、地盤を固めます

 

地盤が固まったら、基礎コンクリートを打ちます

型枠を組み鉄筋を配置してコンクリートを打ちます

基礎コンクリートの完成です

これで数日間養生します

数日間養生した後、延べ石を据え付けます

継ぎ目は耐震ボンドで接着します

接着して据え付けた後は、ステンレス金具で止めます

延べ石を据え付けて、次は御影石の納骨室を据え付けます

納骨室が完成し次は墓地内に雑草防止にコンクリートを打ちます

納骨室の中、お骨の入るところは土になっております。

墓地内、周囲にコンクリートを打ち、基礎工事完成です。

これでまた数日間養生した後、お墓を建てます

数日後、お墓を建てます

まずは下台据え付けです

水平器を使用し据え付けていきます

下台を据え付けたら次は上台の据え付けです

地震対策に免震パッドを使用します  

免震パッドとあわせて耐震ボンドで接着します

上台を据え付けたら次は竿石の据え付けです。

こちらも免震パッドと耐震ボンドを使用し据え付けます。

目地は耐震ボンドでコーキングします。

お地蔵さん、物置台を据え付け、玉石を敷き、工事完成です。

大島石を気に入って下さり、キレイに仕上がったと喜んで頂きました。

この度はお世話になり誠にありがとうございました。