6月も終盤、梅雨真っ只中で蒸し暑い毎日が続き少しバテ気味ですが何とか毎日現場仕事頑張っています。これからもっと暑くなるので体調管理をしっかりしながら頑張っていきたいと思います。

さて今回お世話になったのは与謝野郡与謝野町の霊園です。お父様が亡くなりお墓を建てなくてはならなくなった為、ホームページを見てご来店下さいました。

展示品を見て頂き国産の石が良いという事で、色艶と硬さで佐賀県産の天山石を選んで頂きました。

大きさは9寸サイズです。

 

では工事の様子です。

延べ石は据付てありますので、納骨室を作ります。

 

草を取り、土を出し、ランマーで転圧し地盤を締固めます。

 

しっかりした地盤と水はけを良くする為、石を敷き詰めて転圧します

 

墓地内全体も転圧します。

 

納骨室地盤、転圧完了です。

 

御影石の納骨室を据え付けます

 

灯篭の据付場所もワイヤ‐メッシュを敷きコンクリートを打ちます。

 

御影石納骨室完成です

 

灯篭基礎ベース完成です

 

数日間養生した後、お墓を建てます

下台を据え付けて上台の据付、耐震ボンドを使用し据え付けます

 

位置を確認します

 

据付位置確認後、接着材を馴染ませるためゴムハンマーで叩いて締めます

 

次に竿石据え付けです。

こちらも耐震ボンドを使用し施工します

 

位置を確認した後、ゴムハンマーで叩いて接着剤を馴染ませます。

 

目地部分も耐震ボンドでコーキングします

 

戒名板もコーキングします

 

灯篭も耐震ボンドを使用し施工します

お墓の耐震施工についてはこちら→お墓の耐震施工

 

板石を敷き、マサファルトを施工するので土の部分に砕石を敷きます

 

雑草対策にマサファルトを施工します

 

草引きが大変なので雑草対策にマサファルト(固まる土)が人気です水をまいてしっかり撫でます。

 

マサファルトの上に、玉石を敷いて完成です

お墓、戒名板、灯篭全て佐賀県産天山石でお世話になりました。

物置台は当社加工の大島石です。板石以外は国産の石でお世話になりました。

お施主様には大きさ色艶全て気に入って頂きました。

お世話になり誠にありがとうございました。