10月になり現場仕事にも良い季節になりました。

今日は台風が来ていますので会社を休みにして自宅でブログを書いています。

大きな被害が無い事を願います。

さて現場仕事はありがたい事に毎日忙しくさせていただいております。

そんな中、今日はお墓の移転工事をご紹介させていただきます

現在のお墓が山の中にあり、お墓参りも掃除も大変でいつでもお参りが出来る場所にお墓を移動したいという事でお仕事をご依頼頂きました。

また墓地も家の近くのお寺(檀家寺)に良い場所がありましたのでそこへ移転する事になりました。まずは解体前のお墓です。尺1寸角の大きなお墓です。

お墓を丁寧に解体し、毛布等で養生し運搬車に積み込んで運び出します。

裏の石垣以外は解体し、無事運び出しました。

お骨はこちらで、お墓が建つまで大事にお預かりさせていただきました。

運び出したお墓は工場へ持ち帰り、キレイにクリーニングします。

次に移転先にお墓の納骨室を作ります

工事着工前です

まずは土を出します。

ここは少し軟弱地盤の為、深く掘ります

掘り下げたところに石を敷き詰めます

石の上に砕石を敷きランマーでしっかり転圧します

地盤がしっかり締まったところで御影石の納骨室を据え付けていきます

セメントを敷き据え付けていきます

納骨室の完成です。

戒名板、灯篭、お地蔵さんも据え付けますので、墓地内にはコンクリートを打ちました。

このまま数日間養生します。

数日後、お墓を据え付けます

水平を取りながら、耐震ボンドを使用し据え付けていきます。

尺一寸の大きなお墓なのでいつもより緊張します。

灯篭も耐震ボンドでしっかり接着して据え付けていきます

目地も耐震ボンドでコーキング処理します

戒名板、灯篭、お地蔵さんを据え付けて工事完了です

移転前の墓地より狭くなりましたが、墓地も家の近くになりこれからお墓参りも楽になると大変

喜んで頂きました。

この度は誠にありがとうございました。